barreltop                               
 
 

Barrelとは

小樽商科大学学術成果コレクション:Barrelとは


 Barrelは、小樽商科大学研究者の皆さまからご寄贈いただいたご著作論文など研究成果を、図書館資料として大切に保存するとともに、Webで本文を無料公開して可視性を高めるお手伝いをするものです。

 Barrelの中の研究成果はすべて、本文まで誰もが読めるように公開しています。Barrelに入った先生方の資料はGoogle等でも検索できるようになり、より多くの研究者の目にふれることによって、研究活動の視認性を格段に高めます。

 「Barrel」は大きな樽という意味です。小さな樽ではなく大きな樽に、小樽商科大学の学術成果をいっぱいに貯蔵し、広く公開するとともに、責任を持って皆さまの資料を後世に伝えていきたいと考えています。


                                     Barrelイメージ図




上図で示したとおり、Barrelに入れた資料は、Barrelのサイトに訪れて検索閲覧する以外に、様々なサイトからリンクをたどって閲覧される道があります。Googlなど一般のサーチエンジンでヒットし検索結果の上位に現れます。また、JuNII+(国立情報学研究所)、OAIster(ミシガン大学)、AIRway(北海道大学)等、同様のコレクションの情報を集めたデータベースがあり、そういった場所からの検索結果からBarrelの資料に辿り着くケースもあります。

ところで、JuNii+、OAIsterやAIRway等が情報を集められるのは、国際標準規格(OAI-PMH)でデータを保持し、各データベースが要求するデータ構成(DC, JuNii2)に対応しているサイトからしか集められません。Barrelはもちろん国際標準規格を満たしています。また、JuNii+、OAIster、AIRwayに対応したデータを備えました。Barrelチームは、先生方みなさまの資料がより広く読まれる機会が増えることを願い、これからも私たちができる限りの方法をとっていく予定です。


参考資料

  • インターネット時代の学術情報と研究者そして図書館 / 栃内新(北海道大学)
    はじめに / 学術情報今昔 / 見えない図書館 / シリアルズ・クライシス / なぜ有名雑誌は強気なのか / 研究の成果は誰のものか / 機関リポジトリとHUSCAP / 機関リポジトリの問題点と将来 / 歴史遺産としての紀要 / おわりに~機関リポジトリと図書館の未来
  • Open Accessのパンフレット (PDF) / SPARC
    ...学術論文を執筆する研究者の皆さんが印税と知的所有権を放棄しているのですから,読者はそのことによって恩恵を受けるべきではないでしょうか。オープンアクセスは,価格と許諾の障壁を取り除くことによって,皆さんの論文を利用しやすくしてくれます。オープンアクセスは,著者としての皆さんの利益につながると同時に,全ての潜在的な読者のためにもなるのです。...
  • ポインダーの視点 : 10年を経て / Richard Poynder 原文 InformationToday, Vol.21 No.9 - October 2004)
    ...OA(オープンアクセス)ムーブメントはどこから来て、そして、我々をどこへ連れて行こうとしているのだろうか。...
  • ポインダーの視点: 痛みなくして得るものなし / Richard Poynder 原文 InformationToday, Vol.21 No.10 - November 2004)
    ...オープンアクセス(OA)ムーブメントは学術出版の世界で大きな力を持つようになった。また、最近出された英国および米国の議会委員会の勧告をきっかけとして、科学技術医学(STM)出版の状況が一変する可能性がでてきたように思える。では、出版社は...
  • 同一ジャーナルに掲載されたオープンアクセス論文と非オープンアクセス論文のインパクトを比較する / Stevan Harnad and Tim Brody 原文 D-Lib Magazine, Vol.10 No.6 - June 2004)
    ...研究チームは、ISIの10年分にあたる1,400万件の論文を使用して全分野にわたるOAの優位性を検証しているところである。物理学分野における2001年までの分析は既に終了しており(Brody et al. 2004)、そこではOA対非OAの引用比率は2.5~5.8であり、...
  • Open Access Japan
    現代における学術情報流通の問題は、20世紀後半における科学研究への資金提供の動向と、20世紀末に急速に進展した情報流通一般の電子化・ネットワーク化に起因するものであり、出版者と大学図書館のみにかかわるとこれまで考えられていた問題が、すべての研究者、そして、すべての市民に波及しつつある。